2018年09月17日

ちょっと気になってください

いつもの稽古場でですね。
いつものように稽古をしていますけれど。
ベロニカに続き、今回も数人、客演さんがいるわけです。
で、小野寺さん、ちょいと稽古中に作業して、いつもの定位置に行ってみたらですね。
しっかり、がっつり、客演さんがそこに座っておりまして。
あ、そこ、おれんとこ・・・なんて言いません。
だって、他にもいくらでもスペースがあるし、完全に早い者勝ちなので。
ただ、やっぱ、近くに高橋がいないと、ほら、不便でしょ。
ゴミとかもまとめてくれるし、なんかこぼしてもティッシュ出してくれるし、暇なときつっついて遊べるし。
そう思って、無理くり高橋のそばに座ってます。

イエス!月曜担当の小野寺さんです。
来週からは成田さんの膝の上だぜ!
劇団HPに、上田奈々の名前がいつの間にか書いてあるけど、奈々さんの座る場所こそなくなってるぜ!

完全なお初は、オトエちゃんです。
映画も出演していないし、うちに客演したこともない。
はい。もうなんとなくおわかりだと思いますけどね。
も言う一人のセブンガールズが登場しますよ!とだけ言っておきますよ!
え?どういうこと?って思いますでしょうけれど。
ふっふっふっふっふ。
舞台経験はとっても、多いのですって。
未だ見ぬパンパン・・・いかがでしょう?ちょっと気になってきましたでしょうか?

そして、ベロニカに引き続いての谷口さんですね。
グリーンです。グリーンなんです。ストレッチな。
なんと、今、絶賛舞台稽古中です。カプセル兵団さんにも出演するんですね。
にも関わらずうちにも出演するという・・・。恐ろしい。
どんな役をやるんだろう?って想像すると思うんですけどね。
ええ。ええ。高井戸とかですね。京野とかですね。
まぁ、あのヤクザ連中に大きく関わってくる役柄なんですねぇ。
いや、それどころか、全てのパンパンにも関わってくるという。
ふっふっふっふっふ。
未だ見ぬヤクザ・・・いかがでしょう?ちょっと気になってきましたでしょうか?

ほんで、仲田さんですね。
舞台は初めての客演ですが、映画「セブンガールズ」に出演しております。
にしもっちゃん演じる高井戸の弟分でございますな。
そうそう。仲田さんなんだけどね。おいらは出会った日からずっとナカ「ダ」さんって呼んでます。
濁点がある方ね。
ところが、最近、どうも、ナカ「タ」って濁点を付けないで呼ばれてると気付きまして。
あれ?やっちったか?失礼ぶっこいたか?申し訳ないやつじゃんかよ!と反省しまして。
恐る恐る確認したら、濁点がついている「ナカダ」さんでした。
皆様、劇場でお声をかけるときは、濁点をお忘れなきよう。
あってたぞ!自分!

映画に出てくる葛城なんですけれども。
これはまぁ、ぜひ、映画の葛城を観て欲しいです、はい。
もちろん、舞台だけでもお楽しみいただけるんですけれど。
映画だけではわからないことがたくさん出てきますので。
あああ!そうだったのね!ってなります。
未だ見ぬ関係性・・・・いかがでしょう?ちょっと気になってきましたでしょうか?

さて、そんなわけでして、もうすでに映画公開までカウントダウンです。
公開時期はなんと、舞台のべた入り稽古に突入します。
したがって、映画の感想をSNSで見つけた瞬間に稽古場で共有されていきます。
稽古場から直接映画館に向かって、上映後のイベントをします。
なんちゅう、濃密なけいこ空間になるんでしょうか?
日々、自分たちの映画が公開されていることを実感する場所が、皆と一緒なのです。
あなおそろしや。
なんという2週間になるのだろうか。
想像も出来ません。

えっとえっと。
皆様と顔を合わせる機会が増えるってことでもあります。
それも不思議な感覚でございます。

もう、まったなしっす!!

いかがでしょう?・・・ちょっと盛り上がってきてくださいましたでしょうか?
posted by 前方公演墳 at 20:42| 東京 🌁| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

自慢話

月曜担当の小野寺さんです。
あのねあのねあのね。
自慢しちゃうぞ。




明日の日本を作ります・・・!?!?
志を持った方・・・!?!?

いや、あのまぢで。
業務試写にお呼びして、本当に来てくださるだけでも驚愕なのに。
こんなすげーーコメントを・・・。

いや、今、公開が迫っています。
なので、時間が流れるのがとっても早いんです。
気付けば、特別鑑賞券の一般予約が本日から開始しておりまして。
そんなことを思っていたら、発売当日にSOLDが4日も!!
予約分の完全SOLDが初日から見えてきたという・・・。
だから、今日はそれで興奮気味なのですけれど。
そんな早すぎる時間の中で、これは忘れちゃいけない。
「ツイートをサイトに埋め込む」って機能を初めて使わないとと思っていたんだから!!


でもさ。
やっぱ、志を高く持っていきたい。
舞台やってますだけじゃなくて。
映画やって良かったねだけじゃなくて。

映画を観てさ、やべぇ、舞台ってすげんじゃねぇか?ってきっかけになればすごいなって思う。
劇団やってる連中が、よし!俺たちもやんぞ!!ってきっかけになればすごいなって思う。
映画の世界の人たちが、舞台は宝の山だぞ!ってきっかけになったら面白ぞって思う。

前にさ、マツコの番組で坂上さんかなんかが言ってたんだよ。
お笑いには、チャンスがある。M1でもキングオブコントでも。
新人が世に出るきっかけになるような道が用意されている。
でも、役者さんって、そういう場がないよね。って。
実はそんなこと大昔はなかったんだよ。
小劇場には、映像関係のディレクターやプロデューサーがたくさん来ていた。
どっかに面白いやつがいるんじゃないか。面白い本書きがいるんじゃないかって。
意外に舞台人も媚びてなくて、面白い感じだった頃があった。
もう、自分がガキで演劇人に憧れちゃってるような頃だけどさ。
今は、一部の映画監督が舞台を観に来たりするぐらいで、とっても少なくなってる。
演劇も商業演劇がプロデュース公演なんて名前を変えて、小劇場の世界にまで侵食してきていて。
ちょっとごっちゃになってる。

俺たちは俺たちの面白いと思うことやってくよ!
そういう連中がまだまだ実はたくさんいる。
凄い奴らもいっぱいいる。
舞台の持つエネルギーのようなものを、もっとたくさんの人に知って欲しい。


多分さ。
多分さ。
まだ誰も、HIPHOPなんて言葉すら知らない時に。
ジブさんもそういう志を持ってたんだって思う。
じゃなきゃ、今日までの活動の説明がつかないもの。
おいらなんかは、ジブラさんの存在を知ってるぐらいだった。
でも、バンドやってる時にレコーディング雑誌のインタビュー読んで、あ、この人、腹に一本あるぞって思って。
それ以来、観るたびにやっぱり、自分の軸からブレテイナイ活動しかしていなかった。
自分の大好きな音楽、自分を救ってくれた音楽、その音楽への恩返しをし続けている。
それも、きちんと、社会に対面したまま。
それは、簡単なことじゃない。

まるで違う演劇の道を歩いてきたけれど。
ビッとしたもん、持ってないと、映画の企画なんか出来なかったって思う。
もう、それだけが頼りというか、最終的に自己を肯定する軸だった。
わからない世界に飛び込めば、なんとなく飲まれそうになるけれど。
そこで飲まれずに踏ん張れたのは、こういう人たちがいるからだ。


創ろう!明日を創ろう!!
勇気を頂いたのだから!!
posted by 前方公演墳 at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

微熱風味

残暑厳しすぎでしすね。
ここに来て37℃とか。
最高更新かよ関東。
体温越えてんよ。微熱風味だよ。

そんなわけで残暑お見舞い的に、舞台のDM送りました。

ちなみに、これはDMでなくて、チラシです。
初出し!

Begin_Light.jpg
Begin_uraL.jpg


どうも。月曜担当の小野寺さんです。
いきなり、舞台のチラシかましてやりましたよ。
どーだ!まだ誰も見たことないだろ!
劇団員すら、まだ手にしてないだろ!
HPも、あえて、一部分しか見せてないもんねーだ。

言っておくけどな!
映画の準備とかもあって、チラシの入稿とか、まぢ、ぱっつんぱっつんだったんだからな!
DMハガキに今回出演してくれる勝島乙江ちゃんの名前、間違えて「勝島乙恵」になっちゃっても直す暇なかったんだぞ!
乙江ちゃんに、ごめんなさいしたんだぞ、このやろーーー!!
・・・ごめんなさい。チラシは間に合いました。
でも、皆の手元にはまだチラシないです。
来週渡すつもりだったのに、来週稽古ないそうです。どうしよう。
印刷屋さんに、発送止めてもらわないと。どうしよう。

さて、そんな状況ですが。
皆様!
本日・・・もうテッペン越えちゃってるけど・・・先行発売が開始しました。
なんと、映画「セブンガールズ」と舞台「BEGINS of Sevengirls」のセット券という。
映画と舞台のセットなんて言う、まぁ、そうそう見たことがないのを先行で発売開始しました。
ちなみに、特典で20周年記念ポストカードが付属します。
この特典付きセットは、今週いっぱい。9月2日の予約までですので・・・。
セットが欲しい!ポストカードはもらいたい!な皆様、どうぞなくなっちゃう前にお早めにご予約ください!
ちなみにですね。
映画の前売りは、映画館のケイズシネマさんのご厚意で実現しました。
各回の座席数の一部を予約販売して良いことになったのであります。
なので、限定数です!限定枚数しかないので、早めにご予約いただきたいのです。

え?全部前売しちゃえよ!って思われるかもしれないですけれど・・・。
ケイズシネマには、ミニシアターファンや、映画ファンなど、劇場についているファンもいらっしゃいます。
それに、今上映している作品で予告編が流れていて、興味を持っていただいたり、チラシを持って帰っていただいたり。
そういうお客様を大事に大事にされているからこその、映画館なのです。
打ち合わせとかですね、他の機会でも、行きましたけど、本当に綺麗な映画館でして。
そして、なんというか、お客様に寄り添った劇場なのです。
ロビーなんかも工夫があって、例えばチラシのラックも、透明でチラシがちゃんと見えるようになってる。
上映予定の作品のポスターもわかりやすく飾ってあって、上映中作品の展示なんかもしていて。
「カメラを止めるな!」が大ヒットした理由の一つに、ケイズシネマから始まったからなんじゃないかって本気で思ってます。
映画とお客様の距離感と、映画館とお客様の距離感が、シンクロしてるんじゃないかなって。
だから、絶対に映画館にその日に行って予約できる状況だけは大事にしていらっしゃるのです。
なので、もし予約出来なくても、当日券があります。ちょっとだけ前売のが安いけど、あります!

そういうわけですので、各回の限定数があります。
9月3日から映画の単独チケットの予約も開始するので、セットはここまでという限定数が決まってます。
そうなってくると、一気になくな・・・

えっと、すみません。
映画の初日、9/29の限定セット券チケットが既にSOLDOUTとなってます。
続けます。

一気になくなっちゃう可能性があるのでございます。
セットでのご注文はなる・・・

えっと、すみません。
映画の二日目、9/30と、10/3の限定セット券チケットが既に残りわずかだそうです・・・。
続けます。

なるべくお早めにご予約くださいませ!

でも、ホントにホントにありがとうございます。
発売開始直後のあの感じ、忘れられないです。
眠い目が一発で開きました・・・。

本当に映画館が毎日満員になって。
話題になって。
映画がロングランになったり、全国に広がったり。
そんなふうになればいいなって、願ってます。
いや、願うんじゃダメだ。
本気で取り組んでいます。
その発売初日が、こんな素晴らしいご報告が出来るのも、皆様のおかげなのです。

よし!あと一か月、皆でがんばるど!!
posted by 前方公演墳 at 00:43| 東京 ☁| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする