2016年12月11日

次回公演「たった二日ですけど、お邪魔します。」詳細発表!

年の瀬が迫ってまいりました。

今年の2月「声はきこえているか」以降、映画製作に没頭してまいりました。
そして、いつもなら開催される秋の公演が、物理的に出来ないという状況でしたが・・・。

撮影も終了し、急きょ、皆様の前にやっぱり立とう!と、公演を決定いたしました。




あらすじも、1行。
公演も平日の2回のみ。
なんじゃ、これ?な皆様もいらっしゃると思いますが・・・。

れっきとした、舞台作品となります。
ちょっとだけ、問題作品かもしれません。
でもやっぱり、最高傑作にしようとしちゃうでしょう。

席数、回数に限りがあるので、限られた皆様にしかお届けできません。

いつものように。
バカバカしかったり、笑ってしまったり、ほんの少しほっこりしたり。
そんな作品になるんじゃないかって、噂されています。

どうぞどうぞ、皆様、よろしくお願いいたします。
posted by 前方公演墳 at 01:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごほうこく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

映画「ピラミッドの作り方」

さて、撮影であった本当の話は色々ありますが。
何というか、頭がいいっていうか、悪いっていうか。
そんな話があります。

えーと。
ロケ地を借りたのは良いのですが、一つ問題点があったわけです。
それが、トイレですね。
水道や電気はなんとかなりそうなものの、下水まではなんともならなかったわけですよ。
さぁ、どうしましょう。
役者だけでも20人以上いるわけでしょう。
スタッフさんも入れたら40人に近い人数ですよ。
それが、トイレなしっていう状況で、果たして仕込みから2週間を乗り切れるでしょうか?

答えはノン。

そんなわけで、トイレ問題が急浮上したんですね。
で、結局やっぱり仮設トイレを借りましょうということになりました。
とは言え、予算が限られているのですね。
イベント会社なんかの値段をみると、6000円/日とか普通に書いてあります。
こんなもん、まともに借りたら、これだけで、結構な金額に行っちゃいます。
さぁ、大変だ。これまたどうしたもんか。
そんなわけで、工夫しましてですね。
まず、建築現場なんかのリース会社を近くでみつけて、交渉しました。
イベント会社と違って、月単位で貸し出していますからね。
まぁ、わざわざ値段とかは書きませんが、アゴが外れるぐらい格安でお借りできました。

ただですね。
このトイレってやつが、曲者でしてですね。
借りるはいいんだけど、運ばなくちゃいけないわけですよ。
ところが、この運搬の往復料金だけで、なんだったらレンタル料より高くなっちゃうんですね。
そんな馬鹿な!!って言われそうですけど、これ、本当なんです。
やっぱり、重いですし、でかいですし、ドライバーの人件費もかかりますし。
さあ、どうしたもんか。
無い知恵を絞りだしましてね。
決めました。
自分たちで、運べばいいじゃないかと。

そんなわけで、行きはトラックがあったので、リース会社にフォークリフトで積んでもらったわけです。
そのままトラックでロケ地に乗り入れて、男全員でたかって、ゆっくり下ろしまして。
でも、余りにも重いので、少し斜めにして、下に台車を差し込みましてですね。
ようやく、その文字通りクソ思い仮設トイレの設置と相成ったわけです。

まぁ、ここまではですね。
普通の話ですね。
トイレは思ったよりも快適でした。
今の仮設トイレってきれいなんですね。
しかも、簡易的な水洗装置がついてます。
流れる水には薬液が入っているので、汚物の消臭までされます。
更に、うちには便所大臣がいるので、芳香剤だったり、消臭スプレーが完備されておりまして。
とても素晴らしかったんですよ。
もちろん、汲み取りに関しては、自治体ごとに決められていましてですね。
業者に頼むんですが、かなりの低額です。
今でも汲み取りのお宅はありますから、これはインフラの一部なんですね。

ただ、問題が起きました。
それは、返しに行くときですね。
男が3人しかいないんですね。

・・・。

確か、持ってきたときは全員でたかって、ゆっくりおろした重量のトイレをですね。
たったの3人で、今度は持ち上げなくちゃいけないわけです。
トラックは、なんとか軽トラを借りることが出来たんですが。
さて、どうやって、この人数でこの重量を持ち上げますかねって話ですよ。あなた。
しかも、重いものを持つと、すぐに腰が痛いとか嘘をつく高橋ですからね、一人は。
織田さんは体格の割には力がありますが、とは言え、限界があります。
ああ、持ってきたときは、ゴリパワーがいたのになぁと、ため息ですよ。

しかし、おいらたちは、頭脳を使いました。
名付けて、ピラミッド大作戦!
まず、板に足が付いたパレットっていう台があったので敷きましてですね。
そこに仮設トイレを乗せるわけです。
そのパレットの次に、パレットを2枚重ねた台を置きましてですね。
そこに仮設トイレを乗せたわけです。
そう。階段状の地面を自分たちで作り、一段ずつ乗せては滑らせるというわけです。
たぶん、ピラミッドの石はこうやって積み上げていったんだぜ!って。
世界七大不思議であるピラミッドの建築方法をおいらたちは、自力で確認していたわけです。

最終的に3段に渡る階段を製作して、一段ずつトイレを乗せていき、無事、トラックに積み込みました。
天才としか言えません。

まぁ、その階段づくりでも、ずっと、高橋が意味の分からない行動を続けて、困ってましたけどね。
ちょっと浮かせておいて、その間に下のパレットを抜いて、次のところに置いて!って言ってるのに、中々置かないっていうね。
なんだったら、浮かせて、抑えているのに、その抑えているトイレをわざわざ押し出したりね。
何がしたいんだ!お前は!!!というやりとりは、まるで、かつての舞台のようでした。

ちなみに、軽トラックに乗せるには余りにもトイレは背の高さが高すぎるというね。
しかも、誰も南京縛りとか、固定方法を知らなかったので、スマホで見ながら結んだりね。
とてもギリギリな感じで、なんとか、自力で運んだのでした。

あれも一応、映像にしておけば良かった。
仮設トイレと格闘する3人の男たち。

どういうわけか。
トイレにまで、最後は、今までありがとうよ。なんて思っていたのでした。
つづき
posted by 前方公演墳 at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごほうこく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

「セブンガールズ」出演者オーディションのお知らせ

映画「セブンガールズ」出演者オーディション

映画内容、あらすじ、企画は下記リンクをご参照ください
セブンガールズ映画化プロジェクト詳細:

■募集内容
年齢16歳〜45歳  男性15名
女性 若干名
未経験者も可。

※劇団 前方公演墳 劇団員同時募集。
性別 経験不問

■募集期間
締め切り9月15日24時まで

■オーディション詳細
日時 9月18日12時〜
東京都品川区某所

■撮影予定日
2016年10月後半 都内近郊
他、毎週日曜日中リハーサル有り

■応募資格
都内近郊にて、リハーサル、都内撮影に通える方
経験不問

■応募方法
メールにて、プロフィール、写真(バストアップ、※携帯撮影可)をお送りください。
プロフィールがない場合はメールに下記コピーしてお送りください。
@名前
A連絡先(電話、e-mail)
B住所
C年齢
D性別
E身長、体重、スリーサイズ、靴のサイズ
F趣味・特技
G演技経験の有無、事務所所属の有無
H出演歴(経験者のみご記入ください)
書類選考後、オーディション会場他詳細をお送りいたします。

■お問い合わせ、応募先
webmaster@zenpou.net

■詳細

■企画リンク
「セブンガールズ」クラウドファンディングページ:https://motion-gallery.net/projects/7girlsmovie
セブンガールズ映画化実行委員会BLOG:http://sevengirlsmovie.seesaa.net/
posted by 前方公演墳 at 01:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごほうこく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする