2017年10月11日

金子透の「劇団愛」。

劇団もお陰様で、19歳に満ちたようで。

金子さんもなんとか、ハゲ散らかることなくですね、ここまでここまでこれたこと。

ありがとうこまざいます。


皆さんの おかげです。


いや、安藤くんは、これだけは言っておきますけど、ハゲてませんからね。

あのハゲは 床屋さんで そういう風にカットしてもらってるだけですから。

凄い技術なんです。

ハゲに、魅せてるだけなんです。

ハゲ好きなんです。


これからもずっと ずっと輝き続けるのです。

LED安藤。そう、呼んであげてクダサイ。


さて、うちの劇団員の高橋2号、坂崎愛がですね、僕らの愛する富澤の十万喜(とまき)君ですね。ベロニカですね。

彼の主催するビックマウス チキン という劇団の12月の公演でお世話になるようで。

よろしくお願いします。

二号がね、劇団卒業して初めての公演ですからね。やっとね、僕らの中では後輩でしたから、
若い世代の子の先輩として

がっつり、見せつけてあげてね。

坂崎さんは 最後は出来るので、途中チャカつかぬよう バツンと見せつけてやってくだせぇー。


http://bigmouthchicken.com/

まぁ、派手でカックイイ素敵な劇団でですね。


主催で作演出のとまっきーは 「世界を変える」なんて言ってるものですから、時期が時期なのと、チケット発売日もありまして、


あれ? こりゃ。。あやつ、


国政に出るのか!?

同時に新党立ち上げちまうんでないか?


ドキドキしましたわ。

うちの二人も紛れて「ビックマウス党」からの出馬もあるのか?

ドキドキしましたわ。


まぁね、そんな国政は甘くないですからね、金子さんもさすがにね、とまき 率いるビックマウス党に一票しかいれませんからね。

頑張ってくだせぇ!


あ、そういえば、LEDで思い出したんですけど、小野づらさん織田おじさんが

まだ、あたし、全然よくわかってないんだけど、

今週金曜日(10/13)
吉祥寺ロックジョイントGB https://www.rjgb.tokyo/にて。

織田稚成・小野寺隆一がLIVE『愚か者の涙』に参加致するようで
時間 18:30 OPEN 18:50 START 19:20頃出番予定らいしです。

お久しぶりの LED なんでね。リトル エンド デカいやつ。ね。

安藤くんが行ったら、会場が昼間の明るさになるね。

凄いね。


エコだね。 エコ劇団だね。 がんばろうね。




とりあえず、一枚とっといて。



うぷぷっ(笑)。
posted by 前方公演墳 at 18:20| 東京 🌁| Comment(0) | 金子透の劇団愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

金子透の「劇団愛」。

あてくしも、(私も)久しぶりに 「 くやすぃ!! 」(悔しい)と


感情があふれ出てきたことに関しましては。

ほっと しております。


きっとこの、「 くやすぃ!! 」はあの時の 「 くやすぃ!! 」があったからこそだと

言える日が この「 くやすぃ!! 」には込められているわけです。

劇団のお稽古もですね もう 筋トレみたいな 体幹鍛えてるみてーな

亀の甲羅しょってるみてーな 出来上がった プラモ解体して 説明書なしで作ろうぜみたいな

ベネツィア の べの字も出さずに 無言で

芸トレに励んでおります。


次回の舞台のタイトルは きっと



「 下北からボディービルだぁ〜! 」


これです。よろしくお願いします。


うぷぷっ(笑)。
posted by 前方公演墳 at 19:26| 東京 🌁| Comment(0) | 金子透の劇団愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

金子透の「劇団愛」。

それにしても、うちの劇団を見に来てくださるお客様は、とても優しく、協力的に見ていただけるものですから

この間の、舞台も始まる前に


申し訳ないけど 面白い面白くない、関係なく 笑ってくださいとお願いしちゃって

クレームがきても良さそうなのに


本番中は かなりいい感じで、笑ってもらいまして、お陰様で とても盛り上がってるぅーて感じで、助かりました。

これに手応えを、感じた金子さんの最終目標は



始まってから二時間スタンディングオベーションなのだ。

とにかく、しっぱなし。


話の内容とかまだ、見てもないところからの そんな次元じゃない&そうなると


新感覚 スーパーやらされてる オリエンタルランド劇団前方公演墳になるのだ。

ギネスに挑戦もでけるのだ!



うぷぷっ(笑)。
posted by 前方公演墳 at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 金子透の劇団愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする