2018年07月03日

ナイスパス

パスを繋いで、繋いで、一歩ずつゴールに迫る。
守って、守って、守り抜く。

かつて、本田圭佑選手は、日本のサッカーに足りないものは歴史だと言った。
決勝トーナメントで、得点を決めたことのなかった日本代表はついにその壁を破った。
歴史が一つ、また一歩前に進んだ。

長谷部選手、川島選手、岡崎選手、本田選手。
日本を支え続けた4人にとって、ロシアは最後の舞台かもしれない。
スポーツは残酷だ。まだ若いのに、選手生命は長くない。
でも大きな大きな足跡を残した。

初の8強が見えたそこに、もう一つ大きな壁が待っていた。
けれど、世界は気付いたはずだ。
日本のサッカーが世界に通用するということに。
世界ランキング3位のチーム相手に、互角以上の戦いをしたことに驚愕しているはずだ。
控えでいいよなんて言っていた連中に泡を吹かせてやったはずだ。

中田選手の時代があった。
そして本田選手の時代がやって来た。
パスが繋がって、本田選手は最後に決定的なスルーパスを出した。
それは、久保くんに繋がるパスだ。
もう、「歴史」という足りないものはなくなったぞというパスだ。
伝統を創っていく、紡いでいく、パスだ。

中田選手や本田選手、長谷部選手を観ているとつらい気持ちになることがある。
日本のサッカーの全てを背負いこんでしまっているような空気を感じたことが何度もあるから。
小野選手や香川選手とは違う何かを背負っていた。
それは、本人が背負ったの?日本国民が背負わせたの?
わからない。
わからないけれど、絶対に必要なんだと思う。そういう人が。
日本人は潜在的に知っている。
グループの中で、そういう奴が必要だってことに。
圧倒的なポジティブな発想で、前に進む推進力となる人が。

このベルギー戦にだけじゃなくて。
このロシアでの戦いにだけじゃなくて。
ありがとうと言いたい。
言ったって、本人は、負けてるんだと言いそうだけれど。
そういうことじゃなくて。
この長い一つの時代を背負ってくれたことに、感謝だ。

本田選手のパスは、チームに繋がって。
久保君に繋がって。次世代に繋がって。
そして、日本人に繋がる。

もらったものは、メンタルだ。
諦めない強さだ。
一人じゃないと思えるまでの、厳しさだ。

おいらも、パスをもらった。
このパスを繋げるのだ。
全員で。
全員で。

全て、自分の戦いに還元していくのだ。
前へ。前へ。
20周年を迎える、自分たちが受けてきたたくさんのパスを思い出しながら。
posted by 前方公演墳 at 06:05| 東京 ☁| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。