2018年05月21日

カクシゴト終演

劇団前方公演墳 20周年記念企画

「カクシゴト」

2018.5.16-20 全7ステージ

OFFOFFシアター@下北沢

無事終演いたしました。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。


日曜担当サティコが書き始めた時点でまだですけど。

なんとか、書いているうちに先を越されないように書くつもりです。


「おめでとうございます」の木田さんこと、月曜担当小野寺さんです。


本公演では、何と言いますか、新しい関係性に囲まれた公演でございました。


音楽の吉田トオルさんと、音響オペレーションである自分の関係性。

音響オペレーションのすぐ隣で、照明操作をする河上賢一さんとの関係性。


同じ役者でありながら作・演出をした、金子透との関係性。

主宰のデビッドさんとの、作品に向かう関係性。


自分の作品に出演した3人の女優との共演者としての関係性。

そして、演出としての関係性。


各3作品に対する関係性。

興行全体に対する関係性。


役者としてお客様に観ていただく関係性。

作家としてお客様に観ていただく関係性。

演出としてお客様に観ていただく関係性。


その全ての関係性の中で、自分の出来ることに誠実であろうとした公演でした。

少しだけでも心地よく感じていただけたなら、幸いです。


「演者」という作品に。

えぐい・・・とか。

視点がこわいから!・・・とか。

聞いたりもして。

ああ、つくづく自分は、デビさんと違う、ニヒリズムを抱え込んでいるなぁと自覚した次第です。


「Amanda」も。

「演者」も。

「遠くへ行ってみましょうか。」も。

全ての作品を稽古場でも。本番のブースでも、目撃、体感して。

全ての作品が、今となっては愛おしく感じております。


全ての人に感謝して。

本日から次への一歩に進もうと思います。


皆様、ありがとうございました。

20180515_120110.jpg


posted by 前方公演墳 at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。