2018年01月16日

連続テレビ小説「とかいっこ」

おら、いなかもんだで、なんもすらね。
まっだぐ、わがんね。
ほんと、すらねごとばがりで、はずがしなー。

どうも、月曜担当小野寺です。
新年早々、本当にあった話です。

先週ですね。
お声がけいただきまして、劇団員数名にて、某所に撮影に向かいましたよ。
そこでですね。
まぁ、信じられないことが、たくさんあったわけです。

よくですね。
ドラマとか観てると、まぁ、朝ドラとかね。地方出身の人が言いますね。
おら、いなかもんだで、なんもすらね。つって。
都会に来たら、オシャレだったり、流行だったり、まぁ、情報に溢れてる。
そういうのを端的に表す、古来から続く必殺のセリフですね。
でもですね。
あれ、うそです。
完全なる出鱈目です。
もう、完全に確信しました。

正直、23区内出身者のが、よっぽど、物を知りません。
もう、信じられないほど、信じられない。
どうして、そんなに無知でいられるのかと思いました。

今、1月の真冬ですね。
ロケ地の敷地の周りには、すっかり葉が落ちた桜が植えてありましてね。
その向こうには、山々が連なっていましてね。
まぁ、ちょっとここはどこだよ?というぐらいの山中だったわけですけれども。
喫煙所でですね。
その山を指さして、高橋2号が、おいらに聞いてきたんですね。

デラさん・・・紅葉って、これから深まるんですかね。

一瞬、何を言ってるのかわからなかったんですけれどね。
だって、1月ですからね。
コーヨーという響きが、あの紅葉を指しているというのすら、わからなかったですよ。
お前さぁ、「まっかだな」とか「もみじ」とか、どの季節の歌だよ・・・って聞いてみました。
少し考えてから、「あ・・・」って言いました。
紅葉ってさ、ピークが11月だからさ、これからって・・・お前・・・。
まぁ、10か月後ですから、これからっちゃあ、これからですけれど。

でですね。言い訳がですね。
でも、あの辺がオレンジなんで・・・って言うんですよ。
見ると杉の木ですよね。
むしろ、紅葉って言うよりも、杉の花ですよね。
もう膨らみ始めて、色づき始めてるんですけどね。
その指さしている手前には、しっかりと、葉の落ちた桜があるんですけどね。

ちなみに、高橋2号は、その後、河原サティコに。
あれ、杉の花が色づいてるんですよ!と自慢していたそうです。
23区内に育つって、きっと、こういう事なんだと思います。

ちなみにですね。
佐野みかげも、まるでなんでも知ってるみたいな顔で、すっとぼけてました。
最寄り駅が、そのままその土地の名前なんですけどね。
全然違う市の名前を言ってましたから。
ここは、〇〇市だから・・・って。
はぁ?お前、何駅おりたんだよ!って突っ込んだらですね。
その後、5〜6個違う、街の名前を出し続けましたからね。
全然、今いる街から、はるか遠い・・・車でも1時間以上離れた場所をですよ。
ちなみに、東京都の23区外は、ほとんど市の名前の駅がありますね。
まぁ、ないところもあるけど、大体、含んでるのもあるし、わかりそうなものなんですけど。
なぜ、知らないのに、知ってるみたいな顔で堂々と間違えるのか・・・。
織田稚成が、町の名前を聞くたびに、派手に「はあ??」って言うのが爆笑でした。

その直後ですね。
普通に、あの黄色いナンバーって何なのー?ってみかげが和希に聞いてました。
和希も、戸惑いながら、その車を見て。
え?軽だよ・・・。
と、答えてたんですけれども。
うんうん、なるほどー。大小かー。
って、言っているのには、すでに返答することを諦めていました。
むろん、おいらは、聞こえないふりをしてやりました。

とかいもんは、なんもすらね。
まっだぐ、あぎれで、ものもいえね。

まぁ、その知らない感じが面白いし、かわいいわけですけれども。
なぜか、本人たちは、知らないことを隠そうとするんだよなぁ。
もう、ばれてるのによぉ!!!
まぁ、その隠そうとしているのも、笑えるわけですけれども。

あ!高橋に、書かないでって言われてたんだった!!
posted by 前方公演墳 at 03:23| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。