2017年10月03日

愚か者の10月

だっかっらっさーーーー。
なんでこうなるわけよ?
月曜担当は小野寺さんだって、何度も何度も言ってるんだよ。
言い続けているんだよ。
日曜担当のサティコは、稽古後に飯食ったり、呑んだりするから、月曜になっちゃうよね?
そりゃあ、まぁ、仕方がないかとか思うわけだけどさ。
なんで、火曜担当の、中野圭が月曜に書いちゃうんだよ。
そうなってくるともう、本来の月曜担当のおいらが、なんか、おまけみたいになっちゃってんじゃね?

完全に中野圭の曜日感覚はまともじゃありません。
おいらの知る限り、今まで502回は、今日何曜日だっけ?って聞かれてますから。
あの人、曜日じゃなくて、日付で生きてるからね。
なんだったら、本番中にも、何曜日だっけ?って聞かれますから。
月曜小屋入りで、日曜千秋楽が基本なのに、大抵、二日目に聞かれますから。
あと、本番中の金曜とか土曜に呑みに行って混んでると、絶対に、あ!週末だ!とか言いますから。
もうさ、おいら、火曜担当にした方がいいんじゃねぇか?と思い始めてるよ。
稽古場日記だから、稽古終わると書きたくなっちゃうのかもしれねぇし。
猿か!!いや、ゴリラか!!!

ま、いんだけどね。

いいのか。

いや、落ち着け。
落ち着いていこう。
なんか、書かなくちゃいけないことがあったような気がする。

えっと、織田君のね。
織田稚成のことを書こうと思ってたんだよ。
そうそう。
傍で見てきたから。
入院してることが分かった時も。
訃報が入った時も。
大道具を創る皆に後ろ髪をひかれながら葬儀に向かった時も。
撮影中も。
撮影が終わって、少人数で献杯した時も。
あのちっちゃなおじさんが、どれだけの喪失感を感じていたかを。

・・・。

でも、いいや。もう。
劇団BLOGが3つ目じゃ、なんか、もう、しつこい感じになってそうだし。
その上、なんか、真面目に書くのもなんか、あれだし。

まあ、どれだけ、喪失感を感じても。
それでも日々はやってくるわけで。
おいらに出来ることなんか何もなく。
ただ、そこに当たり前にいるだけしかできなかったんだけれども。

ただ言えることは、時間のある方や、興味のある方は。
織田君の、ジャジャジャジャーーンってギターを聴いてやってくれと。
しんみりなんかしないよ。
弔い合戦じゃないけど、お祭り騒ぎだけれども。
もう、テクニックとかね。機材とか、音色とかじゃないから。
ジャーーーーン!っていう音そのものだから。
ぽっかりと空いた穴を埋めるようなそれを感じてくださいと。

なんか、当日と前売りで、ライブのチケット代が違うと気付きました。
なので、おいらや織田君に、当日でも来れそうだったら、連絡してみてください。
SNSのメッセージやらコメントでもOKであります。
一応、小屋入りしたら、LSDでって言えば前売りになるようにお願いはしておくので。
ギリギリになっちゃっても、前売りで入れるといいなぁとか思ってます。
事前に、連絡しておいてくれれば、その方がすんなりではあります。

イベント名がね。
「愚か者の涙」って言います。
故真鍋さんがやっていたライブイベントのタイトルであります。

もちろん、小野寺さんもね。
そういう声を出すつもりです。
歌じゃないから、もう。
声だから。
愚か者の声。
織田さんの喪失感に比べたら、うんこみたいなものだけどさ。

多分だけど。
きっとだけど。
誰だって、心のどこかに、穴が空いてるんだよ。
今回のLIVEは、その穴に、すっと入り込むようなLIVEになると思う。
織田さんの喪失感も。
お客様の中にある、空虚感や、やるせない何かも。悲しい記憶も。
全部、全部、埋まっちゃえばいいんだ。
そういうふうにしちゃうんだもんね。
耳鳴りがして、低音に肌がしびれて、ドコドコ太鼓が鳴って、うるせえけど。
うるせえけど、やさしい圧力を、愚か者はぶっとばすのだ。

よし!10月入ったぞ!!


『愚か者の涙』

日程 2017年10月13日(金)
会場 吉祥寺ロックジョイントGB https://www.rjgb.tokyo/
時間 18:30 OPEN 18:50 START 19:20頃出番らしいですよ。
料金 前売り3000円(+1DRINK) 当日3500円(+1DRINK)
出演
一条”JOE KIDS”徹(NEW BABYLONIANS)
小木ヒロノリ。(The VIBRATIONS)
近藤英人(東京ローシー・シャッフルズ)
チバケン(THE HARDER)
のんち(Captain Cow)
堀力三(無謀の利子)
ミノルBグッド(THE B‐CLASS ROCKERS)
横内和也(Fuck’n good brothers)

次郎長&吉祥寺バーバリアンズ(次郎長・南場穣・生田陽子・石澤瑤祠)
Little Sadistic Doors(織田稚成・小野寺隆一・廣瀬一磨・南場穣

ORIENTAL BOUNDS ACOUSTIC(大矢侑史・馬場將介・本多慶舟)
HOBOS JUNGLE(ゆうたろう・直井”ゲロイ”憲一・水野みつる・堀之内傭平)

永見伸之(ROCK’N’ROLL SUICIDE)

田村直美

BLOWZIES(木塚真・小関哲郎・浦川裕史・石澤瑤祠)

posted by 前方公演墳 at 02:22| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。