2017年09月19日

あいつらの頭の中の消しゴム

昨日、今日と、映画の撮影現場に足を運ぶ。
・・・と言っても、別に配役されたわけではない。
エキストラの数が集まらないらしいと目にして、声をかけてくださいねと伝えただけだ。
実際、普段エキストラとかの募集とかがあっても、おいらは一切行かない。
ただ、知っている人が困っていそうなら、なんだって手伝うし、出来ることがあって時間が合うなら、やる。
そこに、プラスもマイナスもなく、損得もない。
普段、お客様から寺銭を頂いて舞台に立つ以上、簡単にエキストラとかは出来ないと思っている。
役者として呼ばれない限り、心は動かないわけで。
でも、目にしたからには、こういう時は、非常に簡単に当たり前に、やりますよーって言う。

ちなみに、その映画には、映っていたとしても、わからないはずだ。
そもそも、恐らくはピントが合ってるはずはないので。
誰にも気付かれない感じになっているので、もちろん、キャリアにすらならない。
なんだったら、自分でも見つけられない自信があるよね!ははは。

そんなわけで、セブンガールズ以来のプロの現場の、スタッフワークに見入る。
助監督が誰で・・・ああ、演出部の人だなぁ、アシスタントでも新人だなぁ。
照明さん、録音部さん、撮影部さん。衣装部さん、ヘアメイクさん。
その多様な動き、狙い、チェックしていく。
そして、待ってました、監督の演出。
どんな演出をするかなぁと思っていて、今日は間近で見れた。
せっかくだから、学ぶ。
いや、スタッフワーク学んでるんじゃないの?って思わないでくり。
プロの仕事、ほんで、映像現場の動き、その中で役者の役割。
そういうのが、外から見ると、わりにはっきり見えてくる。
あ、スタッフさんが求めている役者って、こうなんだなぁとかも、見えてくる。

・・・まぁ、好きなんだな。プロの世界の職人さんが。

役を頂いて、ギャランティが発生してとなったらさ。
それは、もう、命懸けじゃなきゃダメだと思う。
もちろん、ストイックになりすぎるのも、実は違うなと思うけれどもさ。
最低限、絶対にやらなくちゃいけないラインがあって、その上でエンジョイ出来たらベストだと思う。
でも、そういう居場所じゃないところで、現場を覗くというのはとっても勉強になるなぁと思った。
そもそも現場に行くまで、どんなシーンかも知らないし、シナリオも読んでいない。
事前の心構えも何にもない気楽な立場で、プロの仕事をしている人たちの中に入る。
それも野次馬ではなく、頼まれてなんだから、逆にありがたい話だ。
まぁ、ただ行くよりも、なんか、面白いものを探しに行った方がさ。えへへ。

まぁ、実は両日一緒に行った織田氏、今日はそこに2号も合流したわけで。
それで、面白いこともあったんですけれども。
まぁ、集合時間決めて、集まった時点でうるさいからね。
この道でいいのかよ!とか、喫茶店ねーのかよ!とか。
まぁ、面白いやり取りが色々あったのは、とりあえず、まぁ、良いとして。

一番の問題はですね。
まだ日の高いうちに今日は、終わったわけですけれども。
まぁ、ランチタイムが終わったねぐらいの時間ですよね。
台風一過で、こんなに暑くていいのかよって言う日だったわけです。
日陰を歩こうぜと歩いていたんですけど。
あの二人が、どっかは空いてると、わざわざ繁華街まで呑みに行ったことですよね。
完全に、優に5時間以上飲むことになったと思うんですけれども。
その後どうなってるかとか、想像もしたくないので、一切、連絡とってないですけれども。

仮に現場で何かを学んでも、あいつらは、忘れてます。間違いなく。
posted by 前方公演墳 at 01:09| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。