2017年09月12日

ぶれいくあうと

シチューとかロールキャベツでご飯食べるのとかありえない!
・・・と、いつかの打ち上げの席でデビッドさんが豪語していたことを。
エンケンさんの、シチューオンザライスのCMを見るたびに思い出します。
ご飯で食べるどころか、しっかり、ライスにかけちゃってます。
どんな気持ちであのCMを観ているのだろう?と想像するたんびに。
・・・ちょっと、むずむずして、おしっこをしたくなります。

こんばんわ、小野寺さんこと、豚野郎です。

さて毎週書いてますけど。
様々な台本を持ち寄り、色々な芝居にTRYし続けています。
間違っちゃったりばっかだけど、学べます。
すっごい基本的なことに立ち返ったりも出来ます。

・・・なんですけどね。
もういい加減に、パターンが出来つつあります。
毎週毎週、同じことをやります。

まずですね。
台本のコピーが行き渡りますと。
金子さんと織田さんが、台本の文句をひとしきり言います。
なんだよこれー。うそだろー。どうやってやるんだよー。やりたくねえよー。
もう、必ず、毎週繰り返されます。
先週テンションの高いのをやった時は、こんなのやだよー。血管キレちゃうよー。って言って。
今週テンションの低い台本だったときは、物足りねぇよー。とか言い出します。
なんだったら、先週、こういうのやろうよ!とか織田さんが言ってたはずなのに文句を言います。
どうせ、やるんだから、言わなきゃいいのにって思うわけです。

その次にですね。
じゃあ、とりあえず、金子さんやろうか?っておいらが言いますね。
そうするとですね。
必ず金子さんが。
いや、ここはいつものように安藤さんからやってもらおう
・・・って言います。
最近は、「もう安藤さん、最初にやるつもりになってるんだから申し訳ないよ」とか言い出します。
だから、ちょっとパターンを変えて、今日は安藤さんから逆回りでやろうって言ってみましたが。
なぜか、地球の自転が逆回転になっちゃうかもしれないから、いつも通りにしよう!と言い出しました。
逆回転だと、安藤さんの次に金子さんになるわけです。
だから、2番目も必死で逃げ回ります。

で、始まりますとですね。
安藤さんのを見ながら、必死に金子さんがペンを走らせます。
何故かと言うと、漢字のフリガナを書いているからです。
以前にも書きましたが、第一水準の漢字でも書いていることがあります。

で、フリガナを書くと、少し落ち着いてですね。
次にやる人から、感想を言い始めます。
なるほどね。そういう感じね。
あー、そうなんだね。
と、金子さんと織田さんが、やけにうるさいです。
言えば言うほど、実はハードルが上がってることをいつも忘れます。

で、織田さんの番になってやるとですね。
必ず終わった後に。
あー、やっぱ、想像通りに出来ないもんだなー。とか。
ちぇっ、全然だめだー。とか。
聴こえる独り言を言いだしますね。

で、金子さんの番になるとですね。
それまでにやった人の色々なパターンを、パクりますね。
なんだったら、もう、恥ずかしげもなくパクりまくりますね。
あれ?それって、さっき、あの人がやってた間じゃん・・・みたいな。
しかも、デビッドさんがお昼から帰ってくるのが大体このタイミングですから。
デビッドさんから見たら、パクリじゃなくて、金子さんアイデアみたいになっちゃいます。
逆回転だと、これが出来ないわけですね。

あ、役者はパクってなんぼでもあります。
パクって自分の物にするのは、悪とはされてません。
それはそれで大事なことだし、良いものはどんどん取り入れるべきです。
ただ、今の稽古は、自分で構築したり、自分で世界観を創る稽古なのでちょっと疑問です。
やっぱ、そろそろ逆回転だな・・・。

そんなこんなで一周すると。
一服します。

で、タバコメンバーは。
ひとしきり、愚痴ります。
さて、どうすっか・・・ってなります。
でもまぁ、やる以上、そこに自分なりのテーマを探さないと勿体ないです。
なので、わりに、真剣に煙草をくゆらせながら、話します。
中野の圭君とか、真面目な顔で、考えたりしてて、爆笑物です。

そして。

じゃあやるか!
と、2周目に向かって歩き始めます。
その後ろ姿はまるで、自分の体の何倍もあるドラゴンに立ち向かう勇者の背中のごとしです。
1周目は恥をかくけれど、2周目は何をやるか意思を見せていかないと、軽蔑されそうだからです。
何も変わってなかったら、まるで犯罪者扱いになること必至だからです。

そうやって。
毎週疲労して、酒をあおります。
いつの間にか、馬鹿話になって、笑ってバイバーイって感じです。

・・・いかんな。
パターンをぶっ壊さないとな。
パターンやら固定観念をぶっ壊すとこまでやれたらいいもんね。

勇気を出して、ご飯にシチューをかけるように。
固定観念をぶっ壊すのだよ!!!
posted by 前方公演墳 at 01:44| 東京 ☁| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。