2017年08月15日

稽古場日記

KIMG1066.JPGどもども。
稽古場日記。

さてさて、今回のお芝居のお稽古は!

懐かしの台本でしたね。

ちょいと前の台本の、
とある役の独ゼリですな。
いわゆる、単独台詞です。

ま、相手の役者は、舞台上には居るのですが、
自分の過去を、淡々と語り、
最後はこらえきれず、感情爆発!みたいな。

仕掛けとしては、
お客さんに聞いてもらいやすく、できるだけナチュラルに入っていき、
半分聞いた頃には、実は内容がとても悲惨でおどろおどろしく、
気付いたときには、もう耳を離せない状態にしといて、
最後には、感情移入していただき、
ご一緒に泣いていただく、といったものなのですが。


その稽古での、写真。
なんと、スマホの画面を
丁寧に丁寧に、一生懸命ふいていたんですね。
うちの演出。。
しかも、役者がやってる最中にでしたね。

帰り際に、一応、写真を演出デビ氏に見せたんですけどね。

バカ、それヤバイから、って言ってました。
それ聞いて、blogに載せる決心をしましたね。


でもまあ、その役者も、まずくてですね、、、
それは、隣のさっちゃんのお顔が物語ってんですね。

それはそれは、とてもよくできた構図になったんで、
今回の稽古場日記とさせていただきやす。


けい
posted by 前方公演墳 at 15:42| 東京 ☔| Comment(0) | 中野圭の稽古場写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。