2017年07月18日

らしくねぇな。

まだ梅雨明け宣言出てないですよね?
ついに、猛暑日だそうです。
猛暑日って35℃オーバーですよ。ほぼ体温ですよ。
海の日らしいっちゃらしいですけど。

9月終わりまで今年は続くと聞いて、膝から崩れた小野寺さんです。

基本的には寒い時期よりも暑い時期の方が好きです。
着るものも少ないしね。
寒いのって、な〜んか、寂しいイメージありません?
聞いた話だと、生まれ月で、結構変わるみたいですけれども。
やっぱり、生まれてすぐにやってくる季節によって、耐性が違うと聞いたことがありまする。
おいらは、春に生まれているので、夏に強いのかもですね。

皆様、水分、塩分、こまめにですよっ。
あと、寝る前のコップ1杯の水が、命を救いますから。
年齢とか関係なく、必ず摂ってください。
おいらは、頭痛もちでして、ここ最近のクソ暑い夏にも頭痛することがあるんですけれども。
あ、これは、脱水の頭痛かもしれない・・・って時は、とにかく水分を摂りますよ。

さてはて。
いよいよ20周年も間近じゃないですか。
もうね。
むしろ、ベテランなんですね。どう考えても。
東京の劇団の中でも古いほうから数えた方が完全に早いですよね。
でも、わりに、そういう自覚がないんですね。
ベテランさんになれば、頑張ったね!とか言われちゃいけないと思うんですけどね。
わりと、言われちゃったりする場面も多かったりですね。
まぁ、そういう稀有な団体です。

でも、さすがに。
寄る年波ってのはあるわけですよ。
ないわけがないんですよ。
かつて、7シーン殺陣があって、クライマックスは走り込んでの長尺なんてのをやったご仁も腰が痛いとかね。
・・・いや、今考えると、かなりエグいのやってたな、マヂで。
・・・移動で階段駆けあがってから斬られ役とか、普通にやってたもんな・・・。
さすがに、そういうのが出てくる頃ですよね。
実際、なんか、皆気にしてないですけど、世間一般的には、中年ですし。
若い!なんて、嘘ついても仕方がないので。
膝だの、腰だの、体調だの、爆弾を抱えて生きてます。
はっはっはっはっは。

でもまぁ、若い連中に負ける気がしないからな。実際、おいらとか。

まぁ、逆を言えば、ここまで息切れしないって言うか。
それはそれで、なんか、凄みになってきたんじゃねぇの?って思ってるわけです。
まぁ、おいらなんか、最初に稽古場を覗きに行った劇団さんがベテラン劇団さんだったので。
劇団=若いっていう方程式が元々ない分、なんとも思わないんですけれども。

そんなわけで。

ベテランらしくないベテランになれたら、最強じゃんねって話です。

だから、水分はこまめにとって、体調管理はしたいものですな。
ほっほっほ。
posted by 前方公演墳 at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック