2017年05月15日

空を見上げりゃ空にある

サンデーガアル、サティコ。
テンキュー、モストヴァリアブルプレーヤー!

ああ、誰も書いていない月曜日だわ。
どうも。小野寺さんです。

なんか、やけに喉に大ダメージを与えるやつが劇団内で流行してます。
たしか、先々週に金子さんが声が出ないとか言ってて、前日の打ち上げでだと思われていたわけですが。
次の週に上田奈々が声を失い、今週はサティコが、椿鬼奴になってました。
このまま、毎週少しずつスライドしていって、本番に、おいらが森進一になるつもりです。
その時は、必ず舞台上で、おふくろさんよぉ〜、おふくろさんよぉ〜って呟くので、お見逃しなく!!

そんなわけで、やっと、本役で稽古したぜ!!
本番一か月前にやっとだぜ!
まぁ、散々、代役やってましたし。
初演のイメージも残ってますし。
キャラクターづくりに、土台がある分、他の人より、一、二段階は、楽な気もしつつ。
いやぁ、ご安心しました。
これで、頭の中でシミュレーションという名の妄想を繰り返せます。

それでですね。
いや、小野寺さん、演出されるとなると、ある程度プランを立てます。
そのプランは、もちろん、無駄になります。
なぜならば、そこから演出で変わるわけですから。
時々、それでいいやって時もあるんですけれど、それはそれで、ちょっと落ち込むっていうね。
演出家が持ち込んだプランの芝居見て、それなら、こうしようよ!って発展するのが一番結果が良い気がします。
一番よろしくないのは、1から交通整理されちゃうみたいなときです。
ああ、おら、プランも芝居も、やっちまっただか・・・って、食らいます。
まぁ、感覚的なものでもあるんですけども。

で、そのプランを自分なりに、むふふと立ててたんですけどね。無駄とわかりつつ。
それが、自分の前のシーン的なシーンで、急に、大道具の位置が変わっちゃったんですね。
え?まぢか?そこに、そんなの来ちゃうのか?それ、もう、自分、プラン変更っすよ・・・って思ってたわけですよ。
まぁ、椅子なんですけどね。椅子が、想像を超えた場所に来ちゃったという。
自分の立てたプランのアクティングエリアが、いきなりなくなってたわけですよ。

で、ここは立てなきゃなとか、ここはちょっと遊ぼうとか、ここはテンポだして落とそうとか。
全部が連動しているので、そんなに簡単に変えろと言われても困るだろ!!と叫びつつ。
やらなくてはなるまいと、勝手に使命感に燃えまして。
なんか、その椅子に、シュパッと新体操のあん馬みたいに腕で乗ったんですね。
で、上からたたかれて、頭を背もたれに痛打してそのまま後ろに倒れるっていうプランに変更したんですよ。
なんか、言葉で書くと馬鹿みたいですけど、見た目はもっと馬鹿です。
もちろんですね、そんなプランは、却下されたわけなのですけれども。
思い切ってやったわけです。
おかげで、ちゃんと、まったく違う演出を付けていただいたわけですけれども。

帰宅したらですね。
おでこの真ん中が、ちょっと、ヒリヒリしているわけです。
ん?なんだこれ?
って、触ってみたんですけれどもね。
なんか、腫れてるんですね。ちょっとだけ。
で、鏡をそっと覗いてみたんですね。

額の真ん中に、おたんこぶ。

わーい。
おたんこぶ!
何年ぶりだーーーーい!!
もう、みるのも、久々だわ!!
多分、十周年記念公演の題名未定で、藤井直子がニョッキみたいな、おたんこぶ作ったのを見て以来だわ!

それも、真ん中だぜ、真ん中。
おいら、チョーパンはかなり自信があるんですけれども。
今、チョーパン合戦したら、これ、痛いんだろうなぁ。

ああ、もう、このまま成長して、ぱっくり割れて、第三の目が現れて、覚醒したい。

だから、昨日は、おたんこぶ記念日。
↑懐かしい感じで。

でも、小さいんだよなぁ。
これ、1〜2日で消えちゃうぐらいの奴だなぁ。

ちょっ!

つまんねーのーーーー。

あ。
自分の役の出来る範囲では体を張るので、ぜひ、観に来てください。
がんばって、おふくろさん、歌います!
posted by 前方公演墳 at 21:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック