2017年03月21日

高橋2号大活躍の日

高橋といえば、色々、やらかしたり、お願いしたことをスルーしたりと。
非常に、ネタに事欠かない、かわいい奴なんですけれども。

本日、映画のMAをやるとのことで。
道案内にも明るく、そして、誰かはいた方が良いという事で来てくれないか誘ったわけです。
すると、きっぱりと。
「え?俺、必要?」
って、言われました。
・・・いや、誰かは必要だし。
・・・いや、必要ないって言うならもう監督以外おいら含めて役者は必要ないし。
・・・いや、なんか、頭ごなしに行かない宣言みたいだし。

いや、来てよぉ。
来ておくれよぉ。
必ず、必要な場面はあるから。
でも、あんまり、来たくなさそうですので。
ああそうかい。来ないのかい。
・・・って言ったら、来てくれました。
良かった良かった。

で、来てくれた結果。
多分、おいらが記憶する高橋2号史上、最高の大活躍をしました。
とにかく、MA作業の中で、色々なことが起きる。
ちょっと、ガヤの声が欲しいので、レコーディングさせてください。と言われれば、おいらとブースに入り。
ちょっと、足音が欲しいので、レコーディングしちゃいましょう。と言われれば、おいらとヒールを持ってパコパコしたり。
役者を連れてきたり、デビッドさんを迎えに行ったり、ドリンクを買ってきてもらったり、お菓子を買ってきてもらったり。
とにかく、フレキシブルに次から次にやるべきことが発生して。
高橋さん、いなかったら、これ、ちょっとやばかったねって、感じでした。

ただ、途中で帰らせてと言われていたので。
やっぱり、終わりの時間もあり、途中で退席したわけですが。
その時、高橋さん。
デラさん、確かに必要だった。ごめん、途中で帰っちゃって。
・・・と、自分史上最高に役立ったことを深く理解したらしく言い出しました。
それを見て、デビッドさんは、えー帰るのー。ってからかっていました。
高橋さんのような活躍が、実は、この映画を創っていることは間違いがなく。
それが、この企画の強みであり。
この映画を支えている凄さは、こういう部分にあると、誇らしくさえなりました。
プロフェッショナルなスタッフさんがもちろん、常に存在しているわけですが。
その向こうに、この映画のために、身を粉にする情熱があるのです。
もう、撮影バラシの時、怪我をして役に立たなかったことも帳消しです。

ただ一点。
最高に活躍したその裏でやらかしていました。

デビッドさんが駅に到着して、高橋さんが迎えに行ったときです。
とりあえず、道を教えろと連絡が来たらしく、それに返信したんですね。
「ファミマを右にまっすぐ」
・・・と、送ったらしいんですね。
これ、車を運転する人は右手にファミマで、まっすぐ進むって意味になりますね。
でも、高橋さんの場合、違いました。
ファミマのあるところを、右に曲がってから、まっすぐ進むって意味でした。
おかげで、デビッドさんは、延々とまっすぐに歩き続けて、なぜか湖観光をして、細い橋とか見て。
約1時間の散歩をしてから登場することになったそうです。

でも。
多分、デビッドさん、怒ってません。
それは、高橋さんが、今日、とてもよくやっていたことを知っているからです。
怒ってるかもしれないけどね。
posted by 前方公演墳 at 02:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448186042
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック