2017年02月28日

俺は世界を待っている

アカデミー賞が発表されました。
まさかの誤発表的な流れもあったようで・・・。
でも、アカデミー賞が「ムーンライト」ってすごく意味がありますな!
素晴らしい!!

大抵、ハリウッド映画と言うのは日本公開が世界に比べてずっと遅れます。
なんだったら、アカデミー賞発表後が殆どだったりします。
アカデミー賞は、公開された映画の中から受賞されたりするので、タイムラグがあります。
日本アカデミー賞ももちろんそうです。
公開された映画で、動員や、評判や、その年を代表する作品を選ぶのですから。
だから、当然、今年の発表で金子さんの名前がないのは当たり前です。
皆様、ご安心を。
ノーベル平和賞とW受賞はまだ先です。

さて、皆様。
昨日もアフレコですた。
多分、居るメンバーほぼ全員、なんらかのアフレコをしました。
ちなみに、3月に入ると次回公演の稽古です。
なので、そろそろ、次回公演の情報が漏れ出てきそうでございます。

さてどんな公演になるのか。
ってか、どんな稽古が始まるのか、今からドキドキです。
どうしてやるか。
まったく。

さて、アフレコが終わった時です。
金子さんが、おいらに聞きました。

あとは俺は世界を待ってりゃいいんだろ?

と。

そう。
その通り。
その通りだけど。
なんか、ちょっと、気になるというか。
何かに触れる感じがありましてね。

それでゆっくり考えたんですけれど。
どうも、日本語がしっくり来てないんですね。
俺は世界を待つ。
うん。
なんだろう?
世界が俺を待っている!っていうのとも違うし。
世界って歩いてくるわけじゃないし。
まあ、かと言って、確かに待つしかないのだろうけれど。

でもなんていうか。
世界に挑戦していくわけで。
待っているっていうのも、なんか、そぐわないというか。
なんでしょう。この感じ。
それになにがしかの賞がどうこうっていうよりも。
この作品をよりたくさんの、世界に届けたいってことなわけで。
やっぱ、何か、そぐわないっていうか。

で、やっと、今日、腑に落ちました。

金子さんは一通の封筒を待っていたんですね。
・・・アカデミー賞事務局からの招待状を。
あと、1年あるけどね。

ああ、気付くのが遅かったよ。
そういうことなら、あの時、ああ、待ってな!って答えればよかった。

う…うん…

って、答えちまった。

世界よ。金子さんが待ってるよ。
その前に、シモキタが待ってるけどな!
posted by 前方公演墳 at 02:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック