2017年02月21日

NO MUSIC,NO MACHINE

織田氏は音楽マンである。
音楽なしに生きている時間など皆無と言っていい。
ギターを弾き、音楽を聴き続ける男である。

だから、音周りは、ちょくちょくお願いをする。
稽古中の音出しであったり、音響仕込みの手伝いなどなどだ。

だが、しかし。
いつも、ガッカリするのでR。

なぜかって?
音楽マンなのに、異常に機械に弱いのである。
エレキギターに繋ぐコンパクトエフェクターというのがあるのだけれども。
つまみを回して、音色をいじって、スイッチを踏み込むと、ギターの音がシャリンとしたりするやつだ。
あれですら、ツマミが2つあるだけで、わけがわからねぇ!と独り言を言いだすのでR。
おいらからすれば、何がわからないのかすらわからないのだ。

だから、大抵、エレキギターをセッティングすると、音が出ない。
必ずと言っていいほど、どこかの配線を間違っている。
基本OUTからINなのだから、間違えるはずがないのに、絶対に間違える。
ほんの15cmのケーブルの配線を逆につけることもしばしばである。
ちなみに、バックドロップスの公演で音響をやった時に。
当たり前のようにアンプINからスピーカーに繋いでいて、音が出ないと騒いでいた。
出るわけがない。
アンプOUTから、スピーカーINなのは、絶対に、その辺のお兄ちゃんですらわかるのに。
なぜ、音が出るスピーカーからINに繋ぐのか、未だに、おいらなんかは、よくわからないままである。

音響で使う電源はそこまで大きくないけれど。
プリアンプ以降は、電圧も上がるので、怖いからやめてください。

おかげさまで、ミキサーなんて、何が何だかわからないのでR。
なんかよくわからないけれど、ミキサーをみるだけで。
「やべえ!恐怖のセンドリターンあるかも!」と騒ぎだす。
センドリターンの何が恐怖なんだかさっぱりわからないけれど、恐怖らしい。
小さめの劇場だと、大抵はマッキーの16xxのどれかのヴァージョンだから、慣れそうなものだけど。
だって、リハーサルスタジオのミキサーもこれだからね、大抵。
眺めるだけで、何一ついじらないまま、オノデラーーー!と叫びだす。
この間の舞台も、音響を思い切って、生ピアノにしたんだけれど。
とは言え、ピアノ音を外部スピーカーから出したいとのデビさんの要求があり。
結局、音響卓を使用することになったわけなのだけれど。
織田氏は、一切、使い物にならなかった。
これじゃね?って触る場所が、全部、全然関係ない所でイライラした。

じゃあ、中野圭に頼めるのか。高橋15号なら。あるいは金子さんに?
ああ、知っている。
そもそも、その機材の配線以前に、アンプってなんのためにあるの?な人たちである。
多分、機材の説明をすれば織田氏よりはすんなり行くのかもしれないけれど。
機材の説明からしなくてはいけないという、めんどくささがある。
スイッチ入れりゃいんじゃねぇの?な人たちに、いちいち、電源周りから説明するなどありえない。
じゃあ、女子はと言えば、女子で配線周りを理解できる人間など見たことがない。
ちなみに、前述のアンプINにスピーカーを繋いでいた織田氏の隣にはたしかアルリンがいた。
おいらは、その時にわかった。
ああ、プレーヤーとミキサーとアンプとの関係性そのものから説明しないといかんのだと。
いや、織田氏はわかっていながら出来ないのだけれど。

そんな織田氏にここ最近では一番の試練がやってきたのである。

アフレコ。アフターレコーディング。
稽古場にある一室をスタジオに見立てて、自分たちでブースもコンソールも組み立てていった。
音響特性など、驚くほど、反響音を抑え、かつ、ブースとコンソール部分を分離して。
デビッドさんが、音に集中できるようなモニタ環境まで作ったという。
ちょっとだけ、豪華な宅録環境みたいな感じでうまく組み上げたのだけれど。
まぁ、もちろん、配線関係は、全部、小野寺さんがやっておいたので問題なかったのだけれど。
そして、すんなり、レコーディングも進んでいたのだけれど。

織田氏は、さすがにレコーディング経験者だけあって、細かい手助けをしてくれる。
演者のマイクの高さを調節し、ヘッドフォンの音量などの調整もしてくれる。
変な音が鳴ってないかの確認もしてくれる。
段取りなんかも、細かくチェックしてくれる。
こと、電気周りじゃなかったら、やはり音楽マンだけに、色々わかっているのだ。

だがしかし。
危険な問題がやってくる。
それは、小野寺さんの声の収録である。
まぁ、一言とかなら、もうあきらめたり、家でやってみたり、他の手段もあるのだけれど。
完全にアフレコ前提のシーンがあって、シーン丸ごとアフレコなのである。
ここを収録しておかないと、まったくセリフのないシーンになっちゃうのだ。
自分の声は後回しと考えてはいたけれど、まぁ、ここだけはしょうがない。

しかしだ。
じゃあ、だれが録音するかである。
まぁ、PCを持ってブースに入って。
自分で操作して、声を入れればいいんだけどね。
宅録で、自分の歌を録音するなんてよくある風景だし。
でも、もうスタジオを組んじゃっていて、PCをブースに持ち込むとなると配線しなおしになる。
それはそれで、異常に面倒なわけだ。時間の無駄だ。
そうなると、織田氏。君しかいないんだよ。君だけなのだよ。

だからね。
すっごく簡単にしておいたのである。
マイクのアイコンにマウスポインタを入れて、左クリック。
それだけで、録音が始まるようにしてあるのである。
まぁ、それだけなら誰にでも頼めるけれど。
ヘッドフォンをつけて、音が割れてたりしたらすぐに気づくとしたらやっぱり織田氏だ。
だのに。
その左クリックに、大騒ぎである。
なんだったら、その前に収録した音声にオーバー録音しやがって、セリフ一個消しかけるし。
へんなとこクリックして、表示を切り替えちゃって、大慌てするし。
なぜ、そんなことになっちゃうのか、まぢで、教えてほしい。教えてください。

しかしだ。
今日、書きたいのは、そんな織田氏のことじゃないんだ。
その隣にいたデビッドさんのことだ。
考えてみれば、この人も音楽マンだし、なんだったらDJまでやってたんだから。
ミキサーだってなんだって、触ってたはずである。
ってか、確か家にミキサーあったしね。
リハーサルスタジオではミキサーのEQとかクネクネ回してるしね。
絶対に織田氏より、なんだったら、小野寺さんより、出来ると思うのね。

でも、やらない。
触らない。
それどころか。

なんか知らないけど、指さして笑ってるのね。
そういえば、編集作業も、見てるんだけど。
絶対に覚えようとしない。
ひょっとして、この人、編集ソフトだの音楽ソフトだの覚えたら、すごいんじゃね?って思ったんだけど。
で、どう考えても、それを覚えて操作するぐらい出来るはずなのだけれど。
だって、ペンと紙があれば、何かを生みだせる人だしね。
それがペン以上に楽器以上にカメラ以上に何かを作り出せる道具があるのに。
まぁ、台本はさすがに、ペンじゃなくなったけれど。
なぜか、指さして笑って終わるという。

織田氏は。
そんな音楽マンデビッドさんの横で笑われながら。
左クリックひとつに、脂汗を流し続けたわけです。
ああ、思い出したよ。
織田氏が、音響をやったいつかの公演を。
あの時も、織田氏が汗をかいて、隣で、デビッドさんが笑ってたよ。

織田さんよ。
あの後のデビッドさんは、声を録音する俳優たちに。
「うん。30点!オッケー」
って言っては慌てる俳優の声をヘッドフォンで聴いて一人で笑い続けていたよ。
ほぼ全員に30点って言ってたからね。
まぁ、あそこまで機械に弱いのはどうかと思うけれど。
自分のギターの音を出せないのもどうかと思うけれど。
それほど、気にしないでいいよ。

そんなわけで。
音楽マンは、あまり、信用してはいけない。
この人たちは、結局、感性だけを頼りにしているのだけは忘れてはいかん。
posted by 前方公演墳 at 03:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447203253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック