2017年08月14日

河原幸子の今週の個人的MVP


今週の受賞者は…

前方公演墳。

ぜんぷん。。

全く逃げではないです。

面倒臭さかったのでもありません。

決められなかった訳でもないです。

決めたくなかったんでっす!!

決めたくない。

稽古場に集まったいつもより少ないギュッとした顔ぶれの中で、ダメも悪いも良いも正しいもグチャグチャにして稽古に向かってる姿。

芝居に向かっていく姿と、終えて戻る姿がみんな正直だから決定。。
posted by 前方公演墳 at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | 河原幸子の今週の個人的MVP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小僧は治らない

あつはなついはずですけどね。
今週に入って、急に5〜6度落ちてますな。
1日に一回はパラつくし。
まさか、これが梅雨で、9月から猛暑じゃなかんべな?と疑る毎日です。

同時進行で色々なことをやりながら、色々なことを考えるのですけれども。
やっぱり、どうも、基本は芝居小僧でして。
この芝居はうんぬんとか、あの芝居は云々とか。
なんか、ずっと考えてしまうわけです。
ドラマを見ていれば、この人の芝居のここは・・・とか色々と。

このなんというか、小僧感覚ってのがですね。
やっぱ、なんというか、面白いなぁと思います。

いわゆるサッカー小僧とか、ギター小僧って言いますでしょ?
サッカー小僧は、もうサッカーボールがそばにないと落ち着かないし。
ギター小僧は、ギター抱えてないと、なんか落ち着かない人のことですね。
こういう人たちって、もうとっくに技術的に完成されてても触り続けます。
それで、なんか新しいコードとか発見して、にやにやしているわけです。

ビートたけしさんと松本人志さんが珍しく対談したのがあるんですけれど。
二人とも、やっぱり、お笑い小僧だって話をしていまして。
もう喫茶店で汗をかいているグラスを観て、笑いについて考えちゃうらしいです。
その二人が、落語を聞くと落ち着くとか、なんか、とってもよくわかるわけです。
何はなくとも、まず、お笑いについて考えてしまう病気なのです。

小僧病はなんというか、かかったら終わりなんだと思います。

おいらが、自覚したのは、25歳ぐらいのときです。
やばいと思って、テレビドラマとか一切見ないようにしたりしたんですけれど。
結局、何を見ても一緒でした。
なんだったら、クイズ番組とかスポーツ番組を見て、芝居のことを考えちゃうって言う。
じゃあ、テレビを観なければいいかと思っていたら、駅の反対側のホームが舞台だったらとか思ってました。
ああ、あのベンチの人が物語を動かすな・・・とか、馬鹿みたいですけど、本当に考えていまして。
あ、こりゃ、もう治らないじゃんね。って気付いたわけです。

ただ、そんな状態で生きていたら危険です。
とっても。
なんにも出来なくなっちゃいます。
唯一、助かる方法は、休む暇がなく演じる機会があることです。
舞台でも映像でも何でもいいから、常に、演じる目標があれば。
まだ、なんとかなります。
なんだったら、それで飯を食えたら一番良いわけです。

柄本明さんのご家族が、まさに柄本さんが、芝居小僧なんだって話をしていまして。
もう、芝居の話しか家庭でもしないって言う。
それを聞いていて、いいなぁ、羨ましいなぁって、思いました。
それが出来る状況になれたら、幸せなんだろうなぁ。

今、舞台の予定を、どう立てようか・・・みたいな状況ですけれども。
なので、次に何を演じるかも未定な状況なのですけれども。
大変助かりますことに、稽古場がございます。
そして、毎週、これをやるのかよ・・・っていうストレスがかかるお題を誰かが用意します。
まぁ、出来るのをやってもしょうがないですし、何もやらないで向上しないのももっとダメですし。
だから、そこから面白い所や難しい所を自分で探し出したりしています。
おかげさまで、小僧なおいらは、終わってからもしばらく、頭の中で反芻できるのです。
なんだったら、頭の中でこねくりすぎちゃって、全然違うテーマで、別の形の反芻もします。

ちなみに、たぶんなんですけど。
デビッドさんは、作家小僧です。
だって、スポーツとかニュースとか見て、物語は勝てない!とか普通に言ってますから。
日常的に、物語を探しているし、拾っているし、笑ってます。
喫茶店で休んでいるお姉ちゃんを観て、その人の物語を勝手に作ってます、たぶん。
時々、そういう思い込みで、話しかけてきたりすることもあります。
もう、物語を量産しちゃうのが本当は一番幸せなんだろうなぁ。
でも、作家としてやる以上、今は推敲なんかもしなくちゃいけないわけで。
その辺は、小僧と職業との境界線がかわいそうだなぁと思うこともあります。
まぁ、そこまで楽しめる人だと思いつつ。

ああ。
カメラ小僧とか、のが仕事になりやすかったのかなぁ。
ゲーム小僧よりは、まぁ、良い気もするけれど。
うちの親父は電気小僧で、そのまま仕事にしてたのは羨ましかったなぁ。

まぁ、小便小僧じゃないだけましか。

あと、サティコに勝ったんじゃね?

posted by 前方公演墳 at 20:07| 東京 🌁| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日のつぶやき




posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする