2018年11月13日

10を引くことから、20を足すことに

先日の稽古はポッキーの日でした。
一本もなかったけど。
たったの一本もなかったけど。
プリッツもなかったけど。

どうも、月曜担当の小野寺さんです。

うちの劇団は、ぞろ目には何かと縁があります。
平成10年10月10日に旗揚げしているからなんですかね。
なんか、色々あります。
まぁ、だからと言って、思い出せるわけでもないんですけれども。

そう言えば「平成最後の」が大ブームらしいですね。
まぁ、わからなくもないけれど、こっちは昭和を越えてきているので。
なんか、そんなの別にいらなくね?って思います。
平成最後の夏だと!?とか、思うのでしょうか。
で、想像するとですね。
やらかしちゃうと思うんですね。
例えば、平成最後のクリスマス!みたいな。
もう、神道もキリスト教もクソもあったもんじゃねぇな、それ。みたいな。
実際、平成最後のハロウィーンって見かけましたからね。
気持ち悪くないのか?その表現は・・・って思いましたよ。
まぁ、キャッチーなんだろうなぁ。

ちなみに、劇団は20周年を迎えまして。
今日までとっても数えやすかったんです。
だって、平成10年の旗揚げだから、10引けば、何周年かすぐにわかるわけですから。
それが元号変わっちゃうのかよ!的なことを一瞬思いましたが。
考えてみれば、21年目が元年なので、20を足せばいいだけという。
切りが良い所で変わるんだなぁ。と思いました。
元号、考えさせてくれないかなぁ。出来れば。

来年なんかあれでしょ。
まだ祭日が確定してないとか何とか。
どうなるんだろうか。
意外に大事なんですけれど。自分たちには。

まぁ、なんにせよ。
時代が変わるのだ!とまでは思わないです。
連続しているので。
昭和という時代なんてよく言うけれど、昭和って4部構成ぐらいになっちゃうしね。
平成はどうなんだろう?
でも、3.11以前、以降という分かれ方はきっとするのだろうなぁ。
だから、平成という時代なんていう言葉も所詮は、幻想みたいなものなんだろうなぁ。

そんなわけで。
平成最後の冬がやってきます。

記憶に焼き付くような冬になるといいなぁと思っています。
posted by 前方公演墳 at 03:04| 東京 ☀| Comment(0) | 小野寺隆一の前墳本当にあった事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日のつぶやき


















posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

河原幸子の今週の個人的MVP


今週の受賞者は…

安藤 聖くん。

安藤くーーん!

可愛らしい。。

大人の男性に失礼でしょうか。
でもー、可愛らしい。。

今の期間限定特別な稽古の中では、たまに野生動物か小4に見える時がある男子の中で、緻密にコツコツと、小4と化している男子のツッコミも穏やかにかわし、伝えられている事を自分なりに消化しようという姿が見えました。

あっ、小4男子がサボっているという訳ではございません。
みんなちゃんと正面から食らいついております。

時折、個人的に見つけるのです。
安藤くんの可愛らしい瞬間を。
一生懸命に汗を拭く仕草とか、なんかフワァーッとフワァーッと存在している感じとか、昨日の稽古場で見たものは…可愛らしい。。

本人が望んでいるものとは違うかもですが、個人的にそう思ったから安藤くんに決定。
posted by 前方公演墳 at 19:06| 東京 ☁| Comment(0) | 河原幸子の今週の個人的MVP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日のつぶやき














posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

こくない。

こんにちわー!


あー、白米美味しいれすね。
白米いいわー!おかわりするわー!
だけど、ひよってもち麦混ぜてるフヂイれす。


さてさて
来年の1月は名古屋シネマテークでの上映れすね。
地元の方は名古屋駅を「メイエキ」って言うんれすね。
知らなかったっす。
なんか格好いいっす!
映画「セブンガールズ」が都内だけじゃなくて、大阪や名古屋で上映されるにあたって、
最近日本の色々な都市とか町とか、四季とか、考えとります。
思いを馳せるとゆーのかなあ(笑)
あー美しいなって思うやうになりますた。
嗚呼、キレイ事ですみません😱


そりでわ皆様佳き週末をーーーーーーー!!!
またねまたねーーーーーー!!!

posted by 藤井直子 at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | 藤井直子のすみません | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日のつぶやき






posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

2018年11月09日のつぶやき












posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

OSAKA NO OMOIDE IN MY HEAD

image1.jpeg

十三
初めて訪れたまちなのに
そんな気がまったくしなかった。
シアターセブンさん
お世話になりました!!
posted by 前方公演墳 at 21:34| 東京 🌁| Comment(0) | 織田稚成のこだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日のつぶやき






















posted by 前方公演墳 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

MVが止まらない

こんにちは。広田です。

連日、やかましいですかね、SNS。
大丈夫かしらと思いつつ。
でも止まらないんですわ、私。
MVが。
視聴回数と視聴時間が。
もはや一日三回は基本です。ご飯よりしっかり定期的です。
今日に至っては、このブログを書くのに30回は流しましたね(笑)。
ひどい。
MV熱がひどい。足を洗いたいのに抜け出せない。
自分の出演している動画をこれほどまでに繰り返し見たことがないです。

貼りますよ。もちろん。


だいたいスマホで見ていたのですが、
PCいいなぁ。いや、大きくなると、必然的に自分のアラも見えるんですがね。
右手はスカート持って!って言われてるのにやってないじゃん私、みたいな(笑)。
私だけ、なんかぶらんと骨折した腕みたいになってんじゃん!みたいな(笑)。
でも、みんなの細やかな表情が、断然大きい方が伝わるのです。
あと字幕ね。
歌詞がやっぱり大きいと、いっぺんにクッキリ入ってきます。
ちゃんとみんなの表情を確認しながらも、同時に字幕が目に入ってきます。
だって素敵な歌詞だもの。
是非味わって自分のものにして、
明日を共に歩いていただきたい。


もうホントに、身内で自分で盛り上がってスミマセン。
好きなとこ、言わせてください。
@歌詞
今さらなんですが、
私はBメロの歌詞が大好きです。
「思い出にまた迷っていても 星がいっぱいでも」
デビさん。本当にこんな詞、見たことも聞いたこともないです。
思い出に「また迷う」だなんて。あー。
星がいっぱいって、ポジティブで美しい表現で使われるのに。
それを「でも」って。
「でも」って。
あー。瞳を通した景色と心情が浮かんでしまいますねぇ。
言葉って、詞って、すごい力がありますねぇ。
一瞬で自分の景色になります。

Aピアノ
「星がいっぱーーいでもーー」の、
「もーーーー」のところでトオルさんが弾いてるピアノのオカズが。
もうね、大盛りご飯3杯いける、漬物汁物なしで。
ッティアラ ティアリラ ティラティラ〜 ってやつ、そこです。
動画で言うと、ちょうど真ん中の3人(あさひ・道絵・猫)の、
スカートと足元がクルクルと回ってるあたりです。
なんと軽やかで儚くて美しくて。
これはピアノだなぁ。ピアノという楽器とトオルさんという人の優しさだなぁ。

Bオルガン
後方にチラチラ、茶色いアイツの鍵盤、映ってくれてるじゃないですかぁ。
あの正真正銘の作り物とは違う、昭和のオルガンが。
見守ってるみたい、一緒に奏でてくれている気がして、
私、勝手に感情移入してしまうのです。
その佇まいに泣きそうになる。
存在そのものが、愛だ。
本当に、あそこに、音楽を愛した人の魂がある。

Cダンス
もうね、へっぽこダンスな広田はさておき。
ずっと端っこでステイしてなさい。
しかし、踊りは顔ですなぁ。
特にあさひのダンスの時の顔が。顔が。
目線なのかなぁ。強く希望に満ちていて。
さすがは、元フィギュアスケーターなのです。
世界が広い。踊ってる場所が広い。360度どこから見ても妖艶。
なんかエロさが的を得ているのに、体育会のようなサッパリ爽快感もあり。
この前のブログで藤井ちゃんも同じところを言ってたけど、
2コーラス目の「涙なんか」のサチコを見て。
ぐいぐい前に出てくる時の上目使い。サイコーだから。
負けられない闘いに挑んでる顔だから。
SAMURAI幸子。感動をありがとう。

このダンス、本当に難しいんです。
樋口真衣師匠の振付です。、
目の前でダンスを創作している姿をよく見かけるのですが、
心で作っている感じなのですね。その時のフィーリングでステップみたいなものが先に決まってて、
そこに、歌詞や曲に合わせた上半身が出来ていくような。
「涙」、とか「星」、「雨」「ひとり」、というワードは、ちゃんとそういう振付がされています。
なので、それで覚えれば踊れる!と思ったら大間違いでして。
足のステップと上半身がね、なんか、
私みたいな初心者の下の下の下の下僕レベルですとね、
まーー、もーーー。ついてこない。
くるって回って正面向くと、足が逆になってたりします。
なんで?いつ変えた?
洗濯機に回されたシャツの長袖みたいに、私の足はもうこれ以上はねじれない状態になってます。
そして、単純に1、2、3、4、の拍子では絶対に踊らせてくれません。
1ウン、2タタ、3タタタタタ、みたいな。4どこ行った?みたいな。

皆さん、ぜひ最初の「明日雨でも私は晴れ」のところを再生してください。
「雨でも」で手のひらで雨が落ちていき、クルッとまわってから、あのアハーンていうモンローみたいなポーズしますよね?
右手が頭の後ろで首を少し奥に倒すポーズです。
「晴れ」に合わせて踊るとワンテンポ早いのです。
「晴れっウン!」の「ウン!」が顔の角度を変えるタイミングです。
歌と少しズレてたら正解です。

あとあと。
個人的にあの動画のダンスで大好きなのはですね。
「悲しみだけに」のとこ、
狭いスペースであさひが難しい片足のバランスから、にゅーーんて前に一瞬せりだして皆に並びます。
その無駄のないスマートな切り込み。
からの、
「よりかかっても」のあと。
背中を見せて足早に後方にさがる道絵。
その後ろ姿の可愛らしいこと。
その一瞬、嬉しい事があった少女みたいなんだ本当に。
広田があんなのやったら、
前で踊るのが限界で奥にハウスした、みたいになりかねませんから。
背中にどうしても素が出てしまう。
あの背中の小走りはね、若い時の吉永小百合さんでも難しいわよって言うわよって。
言うわねアナタって。そうなの言うのよアタシ。

本当は、みんなのひとつひとつを言いたいんだってばワタシ。
言えるのよ言えるほど見てるのよ。見ちまってるわけよ。
あー言いたい。
でもこれ以上身内で熱くなってもね。
ひとりひとり褒めてたら、初めて担任持った新米教師みたいになっちまうから。
ここはグッとベテラン風を吹かすことにします。

友人がね、
朝から、このMVを食卓で見てくれてたんだって。
そしたらね、
お母様が、
「なに見てるの?AKB?」って言ったそうな(笑)。

おー。
うん、まあ、それみたいなもんだよね、うん。
いや、違います!ごめんなさいスミマセン全然おこがましいですけど申し訳ございません!
でも、目指すよね、まずは「みんなのうた」。
からの紅白。
前哨戦的な、マツコさんとタモリさんとの場外枠でもいいよ。

いいよ、じゃねーよ。
ばーかばーか。

うん、でらっちの病気が伝染しております。
伝染るんです、はい。

長文失礼しました。

どうか映画セブンガールズならびにMV「星がいっぱいでも」が、
まず、日本地図の端っこから端っこまで届きますように。

応援してくださっている皆さん。見守ってくれている皆さん。
具体的に何をどう伝えているかという事ではなくて、
言葉にしない気持ちも含めて、
本当に本当にありがとうございます。
ありがとうございます。
posted by 広田あきほ at 21:13| 東京 ☁| Comment(0) | 広田あきほのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする